2012/05/28

心と身体は一体です

先日、義母が腰を痛めて整形外科を受診しました。
腰が痛いと言っているにもかかわらず、ベッドに座らされ、足の筋力の状態を検査されました。

そして、その医師は「とても筋肉が落ちておられるので、うちでは入院して頂くわけにはまいりません。うちは、看護士が夜は一人ですので負担がかかりすぎて困りますので。」、と言われました。

それだけでもショックだったのですが、その後義母がどの様に弱っていくかを事細かに説明されました。しかも、義母の面前で…。

その後、念の為という事でレントゲンだけは撮られたのですが、痛みを訴えているのにもかかわらず他の病院を紹介される事もなく、痛み止めの薬を出される事もなく帰される事になりました。

帰宅後、あまりのショックに義母は一人でトイレに行く事もできなくなってしまい、困り果てた私は、いつもお世話になっているケアマネージャーさんに相談する事に致しました。心配して下さったその方は、すぐにあちらこちらの介護施設に電話をして下さり、受け入れて下さる所を教えて頂きました。

そちらは、一ヶ月だけ入院することができるとの事でしたが、病院は併設ではないので治療する事はできませんとのこと…。この痛みが強い状態で、一ヶ月ただ寝たままでいるならば、きっと今より状態が悪くなるに違いないと思いましたのでお断りし、ヘルパーさん方に助けて頂き自宅で療養するということを選択致しました。寝たきり老人がつくられていく理由がこの時わかった気がしました。

義母の気落ちがひどかったので、このまま本当に医師の説明の通りに弱ってしまうのではないかとても心配になりました。

次の日、私はいつも私がお世話になっているお灸の先生を訪ねました。そして、前日の医師から受けた言葉の数々についてお話したところ、「そんな事信じたらその通りになりますよ。そんな事ありません。人はたとえ九十歳になっていていたとしても、動ける範囲で足踏みをしたり、足首を回したりするだけで日常生活に困らない筋力はつくものなんですよ。一回に三分、それを一日三回続ければ九分運動したことになります。それを一週間続けたら六十三分運動した事になりますよね。」と親切に話して下さいました。

帰宅してすぐにその事を伝えると、義母は目を輝かせて喜んでくれました。そして、先生の言われた事を守り毎日運動を続けた事により、一ヶ月もたたないうちに元気になり、今では部屋の中だけですが杖をつく事もなく歩ける様になったのです。

まだ物を持って歩くことはできませんので食事の用意は一人ではできませんが、それ以外の日常生活はなんとか自分でできる様に努力してもらっています。毎日の生活がリハビリになっているのです。あの時入所していたら今の様に元気にはしていなかったと思います。状態の悪い方々の中に入れば気持ちも落ち、前向きにはなれなかったと思うからです。

「もう私はダメだ。」と思った時から、人はどんどん身体が弱っていくとの事です。高齢者の方が骨折をして入院し、一ヶ月もしないうちに痴呆症になったというお話はよく耳にします。それも「もう私はこんなになってしまっておしまいだ。」と思った事によって起きる現象との事です。心と身体は一体ということをよく表していると思います。

このように、義母の腰痛の件を通して多くの学びがありました。医師の一言の重みというのも目の当たりにしました。医師の皆さま、どうぞ言葉にはくれぐれも心遣い宜しくお願い致します。信じた言葉通りに現実というのは創られていくものなのですから。

その後、一日一回片足立ちを左右一分づつすれば、五十分歩いたのと同じ効果があるという事を知り、今、私の回りで片足立ちがスムーズになっております。

皆様も、鶴さんになった気分で片足立ちをなさってみてはいかがでしょう。運動には筋力アップと同時に血流アップの効果があり、脳にもとても良いとの事です。一日わずかの運動で寝たきりになることもなく認知症になることもなく、人生を全うできればこんな幸せ事はありません。

高齢になる前にこの事を知れたことはとても幸せです。高齢の方でも大丈夫です。わずかな運動を毎日継続するという事が秘訣です。

皆様とこの事を共有し結ばれますこと願っております。
ありがとうございます。