2013/02/28

戦後教育に見る大和魂骨抜き作戦と今

戦後、マッカーサーは日本が再び米国や連合軍の脅威にならぬように、日本を徹底的に弱体化、無力化することに徹しました。

そのために、日本人の強烈な愛国心を抹殺すること、つまり、大和魂を抜く事を急いだのでした。女性的な大和の国の平和が外国によって乱される時には、男性は立ち上がってこれを守ろうとする。その心を「大和魂」といいます。

では、その大和魂がどの様にして抜かれていくことになったかを見てゆきたいと思います。

まず、極東国際軍事裁判について学ぶ必要があります。この裁判の事を、国際法の権威、インドの裁判官パール判事はこう発言しています。

「この裁判は、国際法に違反しているのみか、法治社会の鉄則である法の不遡及(ふそきゅう)まで犯し、罪犯法廷主義を踏みにじった復讐裁判に過ぎない。従って全員無罪である。」と。

マッカーサー自身でさえ、「東京裁判は誤りであった。」との趣旨の告白をしています。これが日本の戦後を決定付けた東京裁判の真実であることを日本人は知る必要があります。

日本人の大きな誤りは、この東京裁判を信じたままでいることです。日本民族は残虐だと信じ込まされてしまったのです。ここが戦後日本の原点なのです。現代社会混乱の「元」は、戦後の自虐教育にありました。日本の歴史の真実を教えないで、日本が戦中戦後にとてつもない悪い事をしてきたと刷り込まれる戦後教育に大きな問題があるという事です。学校の中で、国旗や国歌を反対することが問題なのです。この様なことでは、国を愛する子供など育つはずがありません。むしろ、愛国心を育てない教育をする事が目的であるかのようです。

大和魂を抜くことが目的であるかの様な教育をしてきたといいう事、それに私たちは気づく必要があります。命をかけて日本を守って下さった方々に申し訳ない気持ちで一杯になります。この事に私たちは心からの感謝の誠をささげなければならないと思います。

オランダの首都アムステルダムのエドアルド・ヴァン・ティン市長(後に内務大臣)は発言されました。「日本は各地で侵略戦争したとペコペコ謝罪していますが違います。あなた方こそ血を流して、アジア民族を解放し人類最高の良い事をしたのです。本当は白人が悪いのです。日本は敗戦しましたがアジアの開放は実現しました。日本軍は欧米諸国すべてをアジアから追放しました。・・・・自分を蔑むのを止めて堂々と胸を張って、その誇りを取り戻すべきです。」

これが真実なのです。では、なぜここまで日本人を自虐的にする必要があったのでしょうか。それは日本という国、日本人が素晴らしい魂を持っていたからだといえます。この様な素晴らしい魂を持った日本に、二度と立ち上がって欲しくないと思う勢力があるということなのです。

この事に私たちは気づく時が来ています。特に、小さなお子様をお持ちのお母様方、気づいて下さい。学んで下さい。そして、皆様の大切なお子様たちを守って頂きたいと切に思います。今は学ぶ方法はたくさんあります。阪神淡路大震災の時も東日本大震災の時も、日本人の素晴らしい姿勢に世界が驚いたとのことです。冷静さを失うことなく助け合った姿に世界中の人々が感動したのです。大惨事の時に大和魂のスイッチは入ります。私は日本人である事を誇りに思います。

今後、益々世界は日本に注目することでしょう。なぜなら、宗教界に混乱が始まっているからです。心棒であったはずの宗教が崩壊した時、日本人の心の強さに学ぶべき事を世界は見出すのではないでしょうか。あのアインシュタインも言っています。
「我々は神に感謝する。我々に日本という尊い国をつくっておいてくれたことを。」

世界が日本を必要とする時が来るのです。
今こそ、日本人であることの自信と誇りを持つ時です。

大和魂は抜かれませんでした。震災がその事を見せてくれました。真実を知り、真実を学びましょう。今は大切な時なのです。

この事を分かち合える方々と結ばれます事、心より願っております。
お読み頂き、ありがとうございます。